トップページ »  » 自然石の持つ特有の表情

自然石の持つ特有の表情

 とんがりとした屋根と出窓が特徴的な北欧風のロハスな輸入住宅。
 今、建材として木や自然石を用いる輸入住宅が流行っています。
 自然の力で生まれた唯一無二の美しい天然石は、様々な種類の仕上げによってまた違った表情を見せます。
 例えば輸入建材として一般的な御影石ですが、「磨き」という手法では光沢のある仕上がりになり色調や模様が美しく現れます。
 一方、「バーナーで表面を強く焼く加工」では、滑りにくくなり、模様もヤスリがかかったように擦れ様になります。
 また、同じ御影石でも種類によっては赤っぽかったり緑っぽかったりと様々な色があります。
 更にそれらに先程の加工が加わるのですから、その表情は無限大と言ってもいいでしょう。
 同じ模様は二つとありません。
 それから、輸入建材として有名なのは大理石です。
 キッチンカウンターや玄関、ロビーに大理石のタイルを使用したお宅では明るく華やかな雰囲気が現れています。
 ダイニングキッチンに大理石タイルを輸入建材として使用する事は人気があるようで、様々な事例が見受けられました。
 そして、イギリス製で代表的な天然石コッツウォルズストーンを使用したお宅は、柔らかい黄金色をした石の自然な凹凸を上手く生かす様に職人の方が丁寧に手積みしたそうです。
 メジャーなものからマイナーなものまで、様々な種類・色・模様のある天然石ですが、自分が輸入住宅を建てる際には細部まで業者の方と打ち合わせをし、自宅にぴったりの「石の表情」を見付けたいですね。